2006年09月09日

財務諸表論 講義 問題1(制度会計)

法律や規則等に準拠した会計は、制度会計と呼ばれ、我国の制度会計には、会社法に基づく会計(会社法会計)と証券取引法に基づく会計(証券取引法会計)があります。
制度会計に関する下記の問に答えなさい。

問1
企業を取り巻く利害関係者には、原初的な資金の拠出者である株主や(ア)投資家、(イ)債権者、(ウ)従業員、(エ)地域住民等が存在します。
会社法会計と証券取引法会計では、それぞれどの利害関係者に重点が置かれているといえますか。
それぞれ符号で示しなさい。

問2
財務諸表の作成基準となる根拠法令の名称を制度会計の種類ごとに示しなさい。

問3
会社法会計における個別計算書類の名称を列挙しなさい。

問4
(1)規制対象となる会社が多いのは、会社法会計と証券取引法会計のいずれですか。
(2)情報の開示がより詳細なのは、会社法会計と証券取引法会計のいずれですか。


(解答)
続きを読む
posted by 講師 at 23:46| Comment(0) | TrackBack(0) | 財務諸表論 基本問題 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年09月19日

財務諸表論 講義 問題2(会計公準)

企業会計の基礎的な前提は会計公準と呼ばれます。
会計公準に関する下記の問に答えなさい。

問1
企業会計の基礎的な前提としての会計公準には、(ア)企業実体の公準、(イ)会計期間の公準、(ウ)貨幣的評価の公準があります。
次の内容は、上記のいずれの公準を示していますか。符号で答えなさい。
A 企業会計の時間的限定に関する公準
B 企業会計の内容的限定に関する公準
C 企業会計の場所的限定に関する公準

問2
支店独立会計制度をとる甲社(A)は、本店(B)の他に支店(C)を有している。
甲社における会計単位と公表財務諸表の作成単位をそれぞれA、B、Cの符合で示しなさい。

問3
企業会計上、期間計算が行われますが、その前提として想定されている企業は一般に何と呼ばれますか。

(解答)
続きを読む
posted by 講師 at 22:29| Comment(0) | TrackBack(0) | 財務諸表論 基本問題 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年09月25日

財務諸表論 講義 問題3(真実性の原則)

「企業会計は、企業の( ア )及び( イ )に関して、真実な報告を提供するものでなければならない。」
上記の文章は、企業会計原則の一般原則一の真実性の原則です。
これに関連して下記の問に答えなさい。

問1
空欄の(ア)、(イ)に該当する語句を答え、併せてこれらを表示するための財務諸表の名称を示しなさい。

問2
真実性の原則にいう真実性は、一般にどのような真実性であると言われていますか。

問3
問2にいう真実性とならざるを得ない理由を簡潔に記しなさい。

(解答)
続きを読む
posted by 講師 at 22:32| Comment(0) | TrackBack(0) | 財務諸表論 基本問題 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年10月23日

財務諸表論 講義 問題5(資本と利益の区別の原則)

「資本取引と損益取引とを明瞭に区別し、特に資本剰余金と利益剰余金とを混同してはならない。」
上記の文章は、企業会計原則の一般原則三の資本と利益の区別の原則です。
これに関連して下記の問に答えなさい。

問1
次に掲げる取引を資本と利益の区別の原則にいう(1)資本取引、(2)損益取引、(3)いずれにも該当しない取引に区別しなさい。
ア 現金による増資
イ 商品の掛けによる売上
ウ 借入金元本の返済 
エ 新株発行費用の支払い

問2
次に掲げる項目を(1)資本剰余金と(2)利益剰余金に区別しなさい。
なお、資本剰余金と利益剰余金との振替取引は一切行われていないものとして解答しなさい。
ア 株式払込剰余金
イ 利益準備金
ウ 自己株式処分差益
エ 資本金減少差益
オ 繰越利益剰余金

問3
次の利害関係者のうち資本剰余金を利益剰余金と混同することによる悪影響が大きくなると考えられるのはいずれですか。
ア 株主
イ 債権者

(解答)
続きを読む
posted by 講師 at 21:30| Comment(3) | TrackBack(0) | 財務諸表論 基本問題 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年11月26日

財務諸表論 講義 問題6(明瞭性の原則)

「企業会計は、( ア )によって、( イ )に対し必要な会計事実を明瞭に表示し、企業の状況に関する判断を誤らせないようにしなければならない。」
企業会計原則の一般原則第四は、明瞭性の原則と呼ばれます。
明瞭性の原則に関する下記の問に答えなさい。

問1
空欄ア及びイに該当する語句を答えなさい。

問2
会社法計算規則における個別計算書類を列記し、そのうち必ずしも独立した計算書類として開示しなくてもよいものを別途指摘しなさい。

問3
明瞭表示の手段の一つとして会計方針の開示があげられます。
会計方針の意味を説明しなさい。

問4
明瞭表示の手段の一つとして後発事象の開示があげられます。
後発事象の意味を説明しなさい。

(解答)
続きを読む
posted by 講師 at 22:38| Comment(0) | TrackBack(0) | 財務諸表論 基本問題 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。