2006年09月08日

財務諸表論ガイダンス(会計の意義と制度会計)

会計の意義について説明しなさい、などという出題が財務諸表論でなされることは、考えにくいでしょう。
しかし、結果論かもしれませんが、財務諸表論の合格者に「会計とは」という問いを発して、その返答にまるで窮することはないと思います。
これから学習していくその対象を自らの言葉で自然に語れるようでなければ(もちろん最終的にですが)、合格は遠いでしょう。
その意味で、試験に出るでないとは別に、しっかりと刻み込んでおく必要があるのではないかと思います。

会計は、一般的には、「計算」の意味をもって使用される場合が多いですが、会計学的には、むしろ報告(伝達)に重点が置かれる場合が多いかもしれません。
その点を踏まえて、「会計」と「企業会計」の意義を覚えるという感じではなく、当然に出てくるという状態にしておく必要はあると思います。

会計の意義よりは、出題の可能性は高いとはいえるかもしれませんが、やはり、財務諸表論の出題で、「財務会計について述べよ」なんていうのも想定しにくいです。
ただ、これも会計の場合と同じように、財務会計と管理会計、後に出てくる制度会計とどう違うの?という問いに、財務諸表論合格者が答えられないというのは、考えにくいです。

特に税理士試験では、試験そのものから管理会計が除外されていますので、この辺は、日商一級や公認会計士試験との学習範囲の違いの大きな点ともいえるでしょう。

財務会計が外部報告会計で、管理会計が内部報告会計ってのを常識的に知っていればよいかなあというあたりに落ち着きそうです。
posted by 講師 at 22:27| Comment(3) | TrackBack(0) | 財務諸表論ガイダンス | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年09月17日

財表ガイダンス(制度会計の意義・目的・種類、財務諸表の種類)

会計や財務会計という大きなくくりに関して、直接的出題がやや考えにくいのに対して、制度会計となると出題の目が出てくると思います。
最近の出題傾向からして、単に制度会計そのものの意義や目的を聞くというよりも、何かに関連してという形でしょうが。

今年が会社法元年で、税理士試験での出題は、来年が最初です。
その意味でも、会社法会計は、きちんとやっておく必要があるでしょう。
それぞれの制度会計(会社法会計と証券取引法会計)の意義・種類・目的等について、簡単にまとめておかれるとよろしいのではないかと思います。

本ブログでは、制度会計におけるより具体的な取扱いについて、財務諸表をより具体的にとりあげる際にもう一度ふれる予定です。
posted by 講師 at 21:21| Comment(3) | TrackBack(0) | 財務諸表論ガイダンス | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年09月18日

財表ガイダンス(会計公準と会計原則)

会計公準については、平成11年に会計主体論と絡ませた本格的出題がありました。
ただ、やや、解答しにくかった(出来の悪かった)問題ではないかとも思います。

財務諸表論のこのところの試験では、比較的直近で出題された項目は、超重要事項以外はかぶりにくい傾向があります(ただし、例外はあります)。
その意味で直接的出題(問題の柱としての出題)は、少し考えにくいかもしれません。
しかし、企業会計の基礎的前提としての三公準については、簡単に説明できるようにしておく必要があるでしょう。
考える素材としては、とても広がりのある領域といってよいと思います。

会計原則については、「慣習の要約」という考え方にある程度、思いを寄せておいた方がよいでしょう。
これまでやってきたこと(慣習)を要約して、それがなぜ規範(ルール)になるのか?
受験生と出題者の間での開きがある部分ではないかとも思いますので、考える材料にして欲しいと思います。
posted by 講師 at 22:10| Comment(0) | TrackBack(0) | 財務諸表論ガイダンス | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年09月16日

ど素人でもわかる簿記・経理の本

初心者にもわかりやすい簿記の本を書きました。

「ど素人でもわかる簿記・経理の本」

9月18(木)発売です。

よろしくお願いします。

posted by 講師 at 21:34| Comment(2) | TrackBack(0) | 財務諸表論ガイダンス | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。