2007年09月15日

退職給付会計基準の読み方(本文の構成)

退職給付会計基準、読んでますか?

これまでの基準と同様にまずは、本文を読みましょう。

計算の確認くらいのつもりでよいのではないでしょうか。

まずは、一から四です。

定義規定で不要なものはありません。

一定義規定 → 二負債の計上 → 三退職給付費用の処理

という具合に読んでいくのがいいかもしれません。

独特の呼称に慣れるのがまずは重要です。

退職給付は、このブログ内のテキスト記事もがんばったつもりなので、ぜひ一読してみてください。


一 定義(○)
二 負債の計上(○)
三 退職給付費用の処理(○)
四 貸借対照表及び損益計算書の表示(○)
五 複数事業主制度の企業年金の取扱い(△)
六 注記事項(△→○)

まずは、本文をしっかりと読んでください。

その後に注解です。

退職給付会計基準の注解は、必ずしも重要ではないものも多いです。

注2、9、10あたりはしっかり読むとして、あとはぼちぼちでよいと思います。

あと、注1は、全面カットです。



そうだ、会計基準を読もう!!(本文の一から四をしっかり読みましょう)
posted by 講師 at 00:09| Comment(0) | TrackBack(0) | 退職給付会計基準 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。