2007年07月15日

財務諸表論 超短答問題10

(問題)
真実性の原則における真実は、一般にどのような真実であるといわれるか。

(解答)
相対的真実

(コメント)
真実性の原則にいう真実は、絶対的真実ではなく、相対的真実であるといわれます。
posted by 講師 at 20:54| Comment(0) | TrackBack(0) | 超短答問題 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。