2007年04月16日

企業会計原則の読み方(実現をさらにのばす)

企業会計原則、読んでますか?

企業会計原則の相対的な重要性が低くなっていることは事実です。

しかし、新基準色が強くなった平成14年以後も企業会計原則関連からの出題は続いています。

繰延資産や引当金といった動態論における特徴的な項目の基本的な考え方が変らない以上、試験的にも企業会計原則はもういいよということにはまるでなりません。

しっかりと読みましょう!!



今回はしつこく実現をのばします。

実現概念は、狭義には、商品を引渡し(役務提供を完了し)、その対価として現金・現金等価物(貨幣性資産)の受領をもって収益を認識する考え方を意味します。

このように確実で客観的な収益の認識が、制度上の処分(配当等)可能利益の算定の観点からも要請されます。

狭義の実現概念のもとでは、第三者との客観的な取引があった段階で収益を認識します。

しかし、この実現概念は、歴史的にも拡大の傾向をたどりました。

もっとも拡大された実現概念は、実現可能(性)概念などと呼ばれます。

実現概念を実現可能な状態にまで拡大する考え方です。

実現可能概念の狙いは、既存の実現概念を借りながら、有価証券をはじめとする金融商品の時価評価(評価益の計上)を説明することにあるといってもよいかもしれません。

実現可能性概念のもとでの利益が包括利益といってよいでしょう。



概念フレームワークにおける収益(利益)の認識の考え方は「リスクからの解放」です。

リスクからの解放とは、投資目的に応じた確実な成果の獲得をもって利益を認識する考え方です。

リスクからの解放のもとでの利益概念が現在の純利益(当期純利益)です。



実現概念が拡大している点(狭義の実現→実現可能)、そして概念フレームワークでの実現に似た概念(リスクからの解放)の位置付けを把握しておきましょう。



そうだ、会計基準を読もう!!(実現、実現可能、そしてリスクからの解放。ややこしいですね)
posted by 講師 at 21:54| Comment(0) | TrackBack(0) | 企業会計原則の読み方 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。