2007年03月07日

会計基準の読み方(マーカーの使い方)

会計基準、読んでますか?

今日は、マーカーの使い方の話です。

マーカーの使い方といっても、自由に使えばよいですし、別にアンダーライン(サイドライン)でもよいです。

いくつかの使い方の視点を参考にご紹介しましょう。



まずは、色です。

内容に応じて色を使分けるのも手かもしれません。

ただ、内容に応じて使い分けるには、内容を把握している必要があります。

会計基準をスラスラ読めて、意味もバリバリわかるようだと利用価値はあると思います。

ただ、私のレベルでは、難しいです(しかも現状←情けないですな)。

せいぜいが、定義や根拠といった明確に区別できるものに区別された色を使うくらいでしょうか。



大事だといった人が違うときに、色をわけるのも手かもしれません。

自分で大事と思った。自分ではよくわからなかった。

人(例えば講師)が大事だと言った。

そんな色わけの仕方もあるかもしれません。


で、私は、そういう意味での色分けはしていませんでした。



マーカーをすべき箇所(大事な箇所)は、相対的なものの方が多いです。

例えば、真実性の原則について、完璧にいえる人にとって、法規集の真実性の原則にマーカーを入れる意味は少ないでしょう。

何しろ覚えているのですから。

学習の進度によって、状況は変る訳です。

その意味では、マーカーの色を薄いもの(黄色等)で横にライン→太くライン→別の色(緑等)でマークと段階を追ってつけられるようにしておくとよいかもしれません。

はじめに赤系統でマークしてしまうと以後にさらに強調することはできません。

薄い色だと自分の視点でとりあえずマークできるので便利です。

私は、黄色と緑のマーカー(細いラインと太いライン)と赤ボールペンを使っていました。

マーカーが引いてあるとなんか勉強してる感じがするので、皆さんマーカーしましょう!!(←そんな理由なのね)


そうだ、会計基準を読もう!!(マーカーは薄い色→濃い色がオススメです)
posted by 講師 at 22:19| Comment(0) | TrackBack(0) | 会計基準の読み方 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。