2007年02月08日

会計基準の読み方

黙読、音読、熟読(精読)、乱読、積読等本の読み方も様々です。

会計基準の読み方はどうでしょうか?

いま、典型的な本の読み方で考えてみましょう。


だまって読む黙読は、一般的に私達がもっとも多く読む本の読み方といってよいでしょう。

音読は、声に出して読みます。

熟読(精読)は、意味をとってしっかりと読む。

乱読(めったやたらに)と積読(積んどく=積んでおくだけ)は、効果がなさそうです。

これは多分に経験も入りますが、ご推奨は、音読と熟読(精読)の併用です。

それまでの読書経験等にもよると思いますが、ただ漠然と黙読しているだけでは、記憶にも残りにくいです。

初めて接する会計基準だとまるで意味もわからなかったりします。

そんな状態で流し読みは効果が低いでしょう。

最初はゆっくりでも声に出して読む(意味がとれれば黙読でもよいです)。

場合によると書き写す方がむいている方もいらっしゃるかもしれません。

私は字が何なんで(←汚いのね)文章そのものを書き写すという習慣が昔からありませんでした。

そしてその狙いは、慣れです。

とにかく慣れる事。

とくかく目にする機会を増やす事です。

はじめから声に出して読む。

テキストや問題と関連した箇所を拾い読みする。

読んどけと言われた箇所を読む。

まあ、何でもいいです。

とにかく積極的に、法規集をひいて、慣れる。

1ヶ月、企業会計原則とつきあってみてください。

計算や理論の学習で、わからない事がでてきたときに、「確か企業会計原則に書いてあったな」という事が徐々に増え始めると思います。

その時の確認にテキストや問題の解説ではなく、直に会計法規集をみる。

これもすごく立派な(理想的な)会計基準の読み方です。

計算の確認で見た事が理論で役立つんですよ。

何で皆しないのか不思議でしょうがないです。

ええ、私もよくそうやって見ます(←って、別の意味でまずいでしょ)

計算と理論。

一度で二度おいしい。

こりゃ、やらない手はないですぜ、へへへっ(←誰?)


あっ。言うの忘れてました。

最初にインデックス張りましょう(全部)。

あまり長く外に出すとページが曲がってしまうので、半分くらいでいいと思います。

ちょっと時間がかかりますが、後の時間の節約に貢献大です。
posted by 講師 at 22:25| Comment(0) | TrackBack(0) | 会計基準の読み方 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。