2007年02月07日

会計基準のススメ

財務諸表論受験生の皆さん、会計基準を読んでますか?


これだけ変革のスピードが速いとついていけないよという声も聞こえてきそうです。

でも、逆だと思います。

これだけ変革のスピードが速く、受験生のやらなければならない事が増えているのは、出題者も承知しています。

しかし、新しい基準を試験で出さない訳にはいきません。

逆に会計基準への準拠性(会計基準からの出題)を高めないと受験生の負担はとても大きくなってしまうでしょう。

つまりは、試験でのウェイトは高まるハズなんです。

という訳で、とりあえず、中央経済社編「会計法規集(25版)」を買いましょう。

もってない方はただちに買いましょう(ええ、回し者です←開き直りですか)。

試験的には、この25版で大丈夫だと思います(最近は、年に2回の出版になっているので、また次の版が出るでしょうが)。

って、会計法規集購入のススメになってますが。

ちょっと具体的な会計基準の読み方も今後、考えていきたいと思います。


えーっと、最初は、とりあえず企業会計原則の流し読みでしょうか。

4か月くらいでのスケージュールも組んでみようかと思っています。

まずは、企業会計原則です(本文と注解)。

最初の1月は、企業会計原則を暇さえあれば読みましょう。

覚えるというよりも、音読か、意味をとりながらゆっくりと読むというのがよい気はしています。

より具体的にどこに重点を置くべきか等についても今後、基準ごとに触れていきたいと思います。

そうだ、会計基準を読もう!!(←誰に言ってるんだか)
posted by 講師 at 22:03| Comment(2) | TrackBack(0) | 会計基準の読み方 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
基準の読み方参考にさせてもらっています。大変役立ちます。
ところで、愚問かも知れませんが、ぶっちゃけ、会計基準等はどれを読まなければならないのでしょうか?
企業会計原則
金融商品
税効果会計
外貨建て取引
退職給付
リース取引
研究開発
株主資本等変動計算書
自己株式
純資産の部の表示
固定資産の減損
役員賞与

は分かりますが、

企業結合
事業分離等
連結キャッシュフロー計算書等
連結財務諸表
一株あたり当期純利益
包括利益
持分法
中間連結財務諸表等
セグメント情報等
四半期財務諸表
資産除去債務

の各会計基準と、連続意見書や会社法など、どの程度、どこら辺を抑えとけば良いのでしょうか?
すみません。愚問お許しください。
Posted by やす at 2011年05月29日 22:37
やすさん、こんばんは。

そうですね。
会計基準を読もう!を書こう!って感じですね。
えーっと、ポツポツ書いていきたいと思います。

とりあえず簡単に。

企業結合とキャッシュはそれなりにおさえておく必要がありますが、比較的直近での出題事績があります。

連結、包括利益、資産除去債務あたりは、基本的なところはおさえておきたいです。

一株、四半期、事業分離は柱に近い考え方を、持分法、セグメントは税理士財表では学習していないかもしれないです。
会社法は、会社の計算と会社計算規則ですが、やっぱり会計基準を読もう!を書かないとダメですね。
Posted by 暮木孝司 at 2011年05月31日 22:53
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。