2007年02月07日

会計基準のススメ

財務諸表論受験生の皆さん、会計基準を読んでますか?


これだけ変革のスピードが速いとついていけないよという声も聞こえてきそうです。

でも、逆だと思います。

これだけ変革のスピードが速く、受験生のやらなければならない事が増えているのは、出題者も承知しています。

しかし、新しい基準を試験で出さない訳にはいきません。

逆に会計基準への準拠性(会計基準からの出題)を高めないと受験生の負担はとても大きくなってしまうでしょう。

つまりは、試験でのウェイトは高まるハズなんです。

という訳で、とりあえず、中央経済社編「会計法規集(25版)」を買いましょう。

もってない方はただちに買いましょう(ええ、回し者です←開き直りですか)。

試験的には、この25版で大丈夫だと思います(最近は、年に2回の出版になっているので、また次の版が出るでしょうが)。

って、会計法規集購入のススメになってますが。

ちょっと具体的な会計基準の読み方も今後、考えていきたいと思います。


えーっと、最初は、とりあえず企業会計原則の流し読みでしょうか。

4か月くらいでのスケージュールも組んでみようかと思っています。

まずは、企業会計原則です(本文と注解)。

最初の1月は、企業会計原則を暇さえあれば読みましょう。

覚えるというよりも、音読か、意味をとりながらゆっくりと読むというのがよい気はしています。

より具体的にどこに重点を置くべきか等についても今後、基準ごとに触れていきたいと思います。

そうだ、会計基準を読もう!!(←誰に言ってるんだか)
posted by 講師 at 22:03| Comment(2) | TrackBack(0) | 会計基準の読み方 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年02月08日

会計基準の読み方

黙読、音読、熟読(精読)、乱読、積読等本の読み方も様々です。

会計基準の読み方はどうでしょうか?

いま、典型的な本の読み方で考えてみましょう。


だまって読む黙読は、一般的に私達がもっとも多く読む本の読み方といってよいでしょう。

音読は、声に出して読みます。

熟読(精読)は、意味をとってしっかりと読む。

乱読(めったやたらに)と積読(積んどく=積んでおくだけ)は、効果がなさそうです。

これは多分に経験も入りますが、ご推奨は、音読と熟読(精読)の併用です。

それまでの読書経験等にもよると思いますが、ただ漠然と黙読しているだけでは、記憶にも残りにくいです。

初めて接する会計基準だとまるで意味もわからなかったりします。

そんな状態で流し読みは効果が低いでしょう。

最初はゆっくりでも声に出して読む(意味がとれれば黙読でもよいです)。

場合によると書き写す方がむいている方もいらっしゃるかもしれません。

私は字が何なんで(←汚いのね)文章そのものを書き写すという習慣が昔からありませんでした。

そしてその狙いは、慣れです。

とにかく慣れる事。

とくかく目にする機会を増やす事です。

はじめから声に出して読む。

テキストや問題と関連した箇所を拾い読みする。

読んどけと言われた箇所を読む。

まあ、何でもいいです。

とにかく積極的に、法規集をひいて、慣れる。

1ヶ月、企業会計原則とつきあってみてください。

計算や理論の学習で、わからない事がでてきたときに、「確か企業会計原則に書いてあったな」という事が徐々に増え始めると思います。

その時の確認にテキストや問題の解説ではなく、直に会計法規集をみる。

これもすごく立派な(理想的な)会計基準の読み方です。

計算の確認で見た事が理論で役立つんですよ。

何で皆しないのか不思議でしょうがないです。

ええ、私もよくそうやって見ます(←って、別の意味でまずいでしょ)

計算と理論。

一度で二度おいしい。

こりゃ、やらない手はないですぜ、へへへっ(←誰?)


あっ。言うの忘れてました。

最初にインデックス張りましょう(全部)。

あまり長く外に出すとページが曲がってしまうので、半分くらいでいいと思います。

ちょっと時間がかかりますが、後の時間の節約に貢献大です。
posted by 講師 at 22:25| Comment(0) | TrackBack(0) | 会計基準の読み方 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年02月09日

企業会計原則の読み方(どこを読むか)

皆さん、企業会計原則、読んでますか?

会計法規集を開くと、一番はじめにでているのが企業会計原則です。

で、どこを読むべきかというと、一般原則、損益計算書原則、貸借対照表原則、注解です。

一般原則、損益計算書原則、貸借対照表原則の三つを「注解」に対して、「本文」といったりもします。

本文と注解です。

この本文と注解を死ぬほど読めばいいんです(←簡単にいいますな)。

あとあえていえば、一番最初に「企業会計原則の設定について 二」は読む価値があると思います(この設定については「前文(ぜんぶん・まえぶん)」といわれることもあります)。

好みとしては、「一」もですが、やや時代がかっている感は否めません(古いです)。

「二」の企業会計原則という表題のある部分、ここは読んでおいて損はないと思います(特に1の慣習の要約云々の部分です)。

あとは、本文と注解を死ぬほど読む。

1月の間に、スキマ時間を見つけて、小刻みでも何でもいいんでとにかく読む。

本文は、流して読む感じでいいかもしれません。

注解は、濃いものも多いので、区切って、細かく繰り返し読んだ方がよいかもしれません。

とくにかく、全体をコマ目に読む。

それ以外に注解のうちの1コ(程度の分量)を1日に集中して繰り返し読む。

これは色々な意味(計算・理論、試験)でオススメです。

集中して繰り返し読んでいると記憶の定着率も高いです。

また、流して読んでいるときにはわからなかったことがわかったりします。


そうだ、会計基準を読もう!!(←締め括りとして定着させる狙いですな)
posted by 講師 at 23:59| Comment(2) | TrackBack(0) | 企業会計原則の読み方 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年02月14日

企業会計原則の読み方(どこを読まないか)

皆さん、企業会計原則、読んでますか?

1日1時間、いや、30分でいいです。スキマ時間をみつけて読みましょう!!

約束だよ(←誰?)。


今日は、企業会計原則のうち読まなくてもよい部分の話です。

といっても、そんなにはないと思います。

また、流して読んで、これは変ってるというのがこれまでの学習の積み重ねでわからないとまずいのかなあとも思います。

でも、読まなくていい部分は読まなくてもいいか(←なんじゃそりゃ)。

読まなくてよいという意味は、古い部分です。

正確ではないかもしれませんが、ちょっと抜書きしてみました(他に気づいた点は後日補足します)。

はじめにある程度の加工作業(実際に訂正する。×印をつける等)をしておくのもよいと思います。

<全般>
資本の部→純資産の部
資本→純資産(あくまでもおおむねです)
あと、表示(注記も)に関しては、微妙な面が多いですが、こちらは、計算での学習を優先させてください(←私が弱いもんで)。

<損益計算書原則>
二D(未処分損益計算の内容):カット
四(営業外損益):「割引料及び」の表記→カット
九(当期未処分利益):カット

<貸借対照表原則>
四(一)資産(資産の分類及び科目名称):有価証券の記述は流す(金融商品会計基準が優先)
四(一)B(固定資産の分類及び内容):営業権→のれん
四(一)C(繰延資産の内容と表示):繰延資産を5つ(創立費、開業費、株式交付費、社債発行費等及び開発費)に
四(二)B(固定負債の内容):退職給与引当金→退職給付引当金
四(三)資本:カット(純資産の部基準が優先)
五(費用配分の原則):繰延資産の記述をカット(均等額以上ではなく、定額法等により配分)
五B(有価証券の評価):カット(金融商品会計基準が優先)
五D(有形固定資産の評価):後半の現物出資のくだりをカット(払込資産の価額になってます)

<注解>
注解2(2):カット(純資産の部基準が優先)
注解10:カットではありませんが、しばらく新基準(棚卸資産基準)と並行します
注解15:当期未処分利益→繰越利益剰余金
注解16:中盤の有価証券の段落→カット(金融商品会計基準が優先)
注解18:退職給与引当金→退職給付引当金
注解19:(1)減資差益、なお書をカット
注解22:カット(金融商品会計基準が優先)
注解23:カット(金融商品会計基準が優先)
注解25:カット(営業権→のれん、5年→20年、均等額以上→定額法)

そうだ、この部分は読むのをよそう!!(←それは定着しないでしょ)

そうだ、そうだ(←一人増えましたな)
posted by 講師 at 23:49| Comment(0) | TrackBack(0) | 企業会計原則の読み方 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年02月27日

企業会計原則の読み方(どこが重要か)

皆さん、企業会計原則はちゃんと読んでますか?

今日はどのくらい読みましたか?

5分。

えっ。スキマ時間はもっとあるじゃないですか。

余ってる時間を有効に使うだけでいいんです。

さあ、読みましょう!!(←最近ノリが変りましたな)



さて、本日は、企業会計原則の中のどこが重要なのかの話です。

どこが重要かの順序をつけるのは、なかなか難しいですし、誤解を生じかねません。

勘違いをされると困る面はあります(そこだけやっとけばいい等)。

でも、やっちゃいます。

で、何を基準にしてるのかというと計算から引っ張ってきづらい、かつ、重要なものです。

(1)と(2)の割り振りは、規定の仕方も考えています。

費用配分の原則なんかは、企業会計原則の中ではとても重要ですが、規定の仕方からいって、丸覚えする効果は少ないと思います(←大事ではないという事ではありません)。

気合を入れて読む箇所の参考にしてください(試験ともゆるやかにリンクしています)。

(1)最重要規定(有無を言わさず、一字一句を覚えこんでしまう程読んで欲しい規定)
※かっこ内は会計法規集の見出です
損益計算書原則一A(発生主義の原則)
損益計算書原則一(損益計算書の本質)
貸借対照表原則一(貸借対照表の記載内容)
注解1−2(重要な会計方針の開示)……会計方針の定義と例示
注解1−3(重要な後発事象の開示)……後発事象の定義
注解15(将来の期間に影響する特定の費用)……2段落7行分
注解18(引当金)1段落6行

(2)重要規定(ほぼ覚えている状態まで読み込んで欲しい規定)
一般原則一から六
貸借対照表原則五(費用配分の原則)
注解1(重要性の原則)
注解3(継続性の原則)
注解4(保守主義の原則)
注解6(実現主義の適用)

最初のうちは、流し読みする段階でも、意識を少しそこに余計に注ぐという感じでよいと思います。

無理に覚える必要もないですし、効果も高いとは限りません(一度覚えてからというスタイルの方もいらっしゃるかもしれませんが)。

規定の上に◎や○の符号をつけておいて、

「あいつが大事だっていってたからちょっと注目してみるか」

そんな感じです。

そうだ、そんな感じで会計基準を読もう!!
posted by 講師 at 01:19| Comment(3) | TrackBack(0) | 企業会計原則の読み方 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

企業会計原則の読み方(つくった人の話)

皆さん、企業会計原則読んでますか?

今日はどのくらい読みましたか?

1時間。

いいじゃないですか。

スキマ時間を寄せれば意外に集まるもの。

その調子でいきましょう!!

今はわからなくても「いつか」を信じて(←来ます「いつか」)。



今日は、企業会計原則をつくった人の話です。

つくった人といっても個人ではなくて、団体です。

制定時には、ちょっと違ってるんですが、今も存在する団体でいうと「企業会計審議会」というところです。

今は、財務会計の基準は、「企業会計基準委員会」が作ってますんで、企業会計審議会の役割は以前よりも随分小さくなりました。


で、ちょっと触れておきたいのが作り方です。

慣習の要約なんです(前文参照)。

個人が例えば、靴下は右足から履く。

これは「習慣」です(ひっくり返ります)。

習慣の方が一般的によく使われると思いますが、個人単位で使う場合が多いかもしれません。

で、これが集団単位になると「慣習」です。

いろんな企業の慣習を要約(まとめ)したものが企業会計原則です。

あちこちの企業がなんか会計処理している。

そのうちのよさそうなものをまとめたのが企業会計原則です。


何で、慣習の要約が原則(基準)になるんでしょうか?

不思議ですよね。

不思議じゃないですか?

私は今でも不思議です。

受験時代は、もっと不思議でした。

緩やかに持っていて欲しい課題、それが「慣習の要約」です。


そうだ、会計基準を読もう!!(←不思議度満点!!)
posted by 講師 at 01:22| Comment(0) | TrackBack(0) | 企業会計原則の読み方 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

企業会計原則の読み方(慣習の要約)

企業会計原則、ちゃんと読んでますか?

今日はどのくらい読みましたか?

15分。

むむむっ。微妙ですな。

コメントしずらいじゃないですか。

もうちょっと多いか少ないかはっきりしてください(←少ないのはいいんですか?)。



さて、今日は、前回の続き、慣習の要約の話です。

企業会計原則の前文(二1)を読むと企業会計原則は、慣習の要約だと書いてあります。

慣習の中からよさげなものを要約する。

と法令じゃないけど、従わなければならない基準になる。

ふむふむ。

って、私は、このところがよくわかりませんでした。

色んな慣習 → よいもの → まとめ → 企業会計原則

うーん、微妙です。


「よい」と判断するのは、これをつくった「企業会計審議会」ということになるのでしょう。

権威のある立派な団体(企業会計審議会)がこれはよしといったからよしという感じなのでしょうか。

今まで問題もなく、色んな企業が行ってきた会計処理を尊重する面もあるのでしょうか。

伝統の重視でしょうか。

うーん。

不思議じゃありませんか?

「慣習の要約」が何故、規範(ルール)としての意味を持つのか。


もう少しいえば、法律で決まっているから。

これはかえってわかりやすいと思います。

まあ、お上(国)には逆らえません。

そんじゃ、法律ではない。

でも、従え。

いいものをまとめた(慣習の要約)だから。

不思議ですよね?


ダイレクトに試験に影響する事は多くはありませんが、ゆるやかに考えていただきたい課題の一つではないかと思います。


そうだ、企業会計原則を読もう!!(←慣習の要約らしいです)
posted by 講師 at 01:25| Comment(0) | TrackBack(0) | 企業会計原則の読み方 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年02月28日

企業会計原則の読み方(できる) 企業会計原則の読み方(できる)

企業会計原則、ちゃんと読んでますか?

今日はどのくらい読みましたか?

25時間。

むむむっ。それはウソでしょ。

1日は24時間しかありません。

顔を洗って出直してきてください。

ウソはいけません。

ええ。



少しは、企業会計原則に、慣れてきたでしょうか。

それともまだまだでしょうか。

でも続ける事が大事です。

ありきたりではありますが、「継続は力なり」。

ウソではないと思います。




さて、今日は、企業会計原則の文章の最後に注目したいと思います。

「できる」です。

一般原則をはじめ、最後が「〜しなければならない。」等の「ならない」という表現は、企業会計原則ではとても多くなっています。

企業会計原則は、よい慣習の要約でした。

よいものなんだから、こうしろ(しなければならない)というのが企業会計原則の基本的なスタンスなんでしょうか。

で、逆に注目したいのが「できる」です。

「できる」んだからしてもしなくてもよいです。

で、その前の文章が「しなければならない」だとしましょう。

つまりは、「(A)しなければならない。ただし、(B)できる。」という文章です。

(A)を、しなければならない。

ただし、(B)を、できる。

こんな感じです。


この関係は、テキストなんかでは原則(A)と(B)例外・許容・特例等として整理されていることが多いと思います。

私も、会計基準を読んで書いたりしてます。

ええ、多くのテキストもそうです。

!!ということは。

おおっ。すごいぞ、会計基準。

会計基準は、テキストのネタ元だったんですね。

逆に言えば、きちんと「ならない」と「できる」を意識して会計基準を読んでいれば、原則と例外の区別なんてイチコロです(←イチコロですか?)。

ちょっと具体例を見てみないとわかりにくいと思いますので、本文から拾ってみました。

イメージのわきやすい規定をもとに(どれでもよいです)「ならない」と「できる」をきちんと実感しておいてください。

(1)損益計算書原則三B
原則:商品販売等→実現主義
例外:長期請負工事等→工事進行基準

(2)貸借対照表原則一
原則:貸借対照表完全性の原則
例外:正規の簿記の原則に従った簿外資産・簿外負債の許容

(3)貸借対照表原則五A(たな卸資産の評価)
原則:原価基準
例外:低価基準の許容
(現在は、低価基準の強制の早期適用と並行です)



あ、あと、「できる」は重要ですので、みつけたらその右横に「・・・」をつけて強調しておくとよいでしょう。

さっそく赤のボールペンでポッチをつけるようにしましょう。

約束だよ(←誰?)。


そうだ、企業会計原則を読もう!!(←これでどっちが原則?とはオサラバですな)
posted by 講師 at 22:52| Comment(0) | TrackBack(0) | 企業会計原則の読み方 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

企業会計原則の読み方(何?)

企業会計原則、ちゃんと読んでますか?

今日はどのくらい読みましたか?

時間ネタは続かないですな(って、続ける意味がわかりませんが)

ムリなく、合間の時間を利用しましょう。

寝る前の子守唄がわりにどうぞ(←熟睡ですな)。




今日は、企業会計原則を読む上で注意していただきたい点の話です。

とはいうものの、まず慣れることが重要です。

ある程度、慣れてきてからの話と考えてください。

でも、計算でやっていたことがこんな風に説明されてるんだなとか。

取扱いはわかるけどなんでだろう?

そんな感想がでてくるようだと次のステップに進んでもよいかもしれません。


企業会計原則は、企業の会計慣行の要約です。

企業が実際に行っている会計処理をまとめたのが企業会計原則です。

いわば処理(表示)しか書いてません。

「何?」は書いてありません。

たとえば、企業会計原則では、棚卸資産(企業会計原則はたな卸資産ですが、区別していません←勝手な)について随分書いてありますが、棚卸資産が何かは書いてありません。

「何?」は、企業会計原則には出ていないのです。

この点を踏まえて(最終的には、重要な点は補足して)企業会計原則を読まないとホントの意味は通じないでしょう。

企業会計原則では、「発生」という言葉がたくさん出てきます。

でも、「発生」って何なのかは企業会計原則には書いてありません(実際に確認しましょう)。

発生を基準に費用収益をのっけろとは書いてありますが(損益計算書原則一A)、発生って何かは書いてません。

それがいったい何かわからずに学習を進めても効果は薄いです。

ではどうすればよいのかですが、そこで生きるのが、本や講義でしょう。

棚卸資産が何かは本に出ていますし、テキストにも出ています。

この部分は、企業会計原則に出ていないですからテキスト等でおさえておく必要があるでしょう。

関連箇所の学習時に、すごく短くでいいんです。

棚卸資産なら厳密性はなくても、「販売目的の資産」くらいの理解でスタートです。

発生なら「価値の増減」(+その原因の発生)という感じでいいと思います。

対象が何かを一言でいえないようだとおそらくその先は、ぼんやりのハズです。

講座を受講している方は、実際の講義に合せてでかまいません。

企業会計原則に書かれていない「何」にも注目しましょう。

しかも、できるだけ短くです。

1行は長いです(2行以上は、論外です)。

できれば一言がベストです。

難しくないですよ。

テキストの文章でわかりやすそうな箇所だけ「エイッ」でいいんです。

それも自分になじみのあるもっと簡単な表現におきかえてかまいません。

どうせ一言では正確には表現できません。

わかりやすさを優先する。

それでいいと思います。

なにしろスタート(とっかかり)です。

厳密さは、後からいくらでも補充できます。

一言おじさんになりましょう!!(っていうか、女性はどうすればいいですか?)

一言おねえさんになりましょう!!(←気を使いましたな)


そうだ、会計基準を読もう!!(←テキストもね♪←だから、誰?)
posted by 講師 at 22:55| Comment(0) | TrackBack(0) | 企業会計原則の読み方 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

企業会計原則の読み方(何故?)

皆さん、企業会計原則を読んでますか?

コマ目にでも、まとめてでも、粗くても、細かくても、計算でオヤって思ったときでも、どこかで参照しろって書いてあったときでも、何でもいいです(←全部でお願いします)。

とにかく読む頻度、目にする頻度を増やす工夫をしてください。

たくさん読んでくださいね。

「読む子は育つ」っていうじゃないですか(←寝る子は育つだし、子じゃないし)。



さて、今日は、「何故?」の話です。

企業会計原則には、「何」があまり出ていませんでした。

対象がわかっているという前提で会計処理がかかれている感じです。

会計処理の手前にある「何」を意識する必要があるでしょう。

そして、それ以上に重要なのが、「なんで?」です。

「なんで?」も企業会計原則には、書いてありません。

会計処理は書いてあっても、なぜ、そのような会計処理をするのかは書いてないです。



実は試験で問われることが多いのは、この何故?(理由、根拠)です。

昨年の財務諸表論の出題では、第1問と第2問(各25点)

理由と根拠を合せて、5箇所聞かれています。

もちろん年度によって比重は変わりますが、近年は、ほぼ一環して問われているといってよいでしょう。

なぜ?なんで?の重要性は、おわかりいただけると思います。

じゃあ、このなぜ?に対する解答例だけをたくさん集めればいいのかというと必ずしもそうではありません。

いや正確には、会計処理のすべてになぜ?がある訳ですから、不可能に近いでしょう。

仮に「何故?」の答えだけをたくさん覚えてもそれが維持できるかの問題があります。

では、どうすればいいのか?

いや、これが簡単にできれば苦労しないんです。

でも、何故の答えをただ覚えるのではなく、自ら何故という問いかけを発する事が大事だと思います。

理由は単純です。

何故の答えをただ覚えたときより、何故の答えをみつけたときの方が、記憶が明らかに長持ちするからです。

これは多分に経験的なものです。

何でも覚えて忘れないという人がいるならそれはそれでよいと思います(会ったことはありませんが)。

しかし、そうでないなら記憶の長持ちの道を探るべきでしょう。

そのためには、自分の「なんで?」を大事にする。

少なくとも私の経験の話ですが。


そうだ、会計基準を読もう!!(←なんで?を忘れないでね←今は、たまにでいいです)
posted by 講師 at 22:58| Comment(0) | TrackBack(0) | 企業会計原則の読み方 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。